HOME   »  
 | 

イクサランの相克 プレリリース 2回目

イクサランの相克の店舗でのプレリリース(2回目)
続きを読む

イクサランの相克 マジックオンライン Rix Preview League

マジックオンラインでの,イクサランの相克のPreview Leagueに参加
続きを読む

万能鑑定士Qの最終巻

7点。最終巻らしく,人気のあるキャラクターが総出演。メインは「クジラ」という男に盗まれ破られた「ムンクの叫び」を,修復が可能な120時間以内に集めるため謎に挑むというもの。リアリティに欠ける展開であり,謎もそれほど魅力的なものではない。「クジラ」が誰かという点も,ミスディレクションとなる人物がいないので,あまりサプライズがなく,物足りない。しかし,メインとなる謎以外は,最終巻らしく盛り上がる。松岡圭佑らしい話し運びの上手さがあり,すっきりした終わり方。これでシリーズが終わってしまうのは,やはり寂しい。
続きを読む

探偵の鑑定 2

7点。探偵の探偵シリーズの最終巻。万能鑑定士Qの最終巻へつながる作品でもある。しかし,内容は須磨康臣と桐嶋颯太の二人の探偵が主人公としての活躍をみせる。サプライズは特になく,王道のストーリー展開。凜田莉子が,「人の死なないミステリ」の世界から,紗崎玲奈の住む「人が死ぬ世界」に踏み込むのだが,浅倉絢奈や水鏡瑞樹も登場するため,そこまで緊張感はない。単体の作品として見れば,5点程度。しかし,各登場人物がいきいきと描かれており,万能鑑定士Qシリーズと探偵の探偵シリーズを読んできた人にとっては十分な作品
続きを読む

探偵の鑑定 1

5点。全く異なるイメージである万能鑑定士Qシリーズの世界と探偵の探偵の世界をクロスさせるというプロットは面白い。この作品は,万能鑑定士Qシリーズの世界が中心。エルメスのバーキンを使った詐欺の真相解明と,「トランプ」という言葉に示された謎を,凜田莉子がロジカルシンキングを駆使して解決する。最後にサプライズがあり,探偵の鑑定2に続く。雑学知識は豊富で,話もテンポよく進む。しかし,上巻・下巻の作品の「上巻」という感じで,明らかに途中で終わってしまう。登場キャラが多すぎで個々の登場人物の活躍ぶりも薄い。
続きを読む
カウンター

ブックメーター
やまだんさんの読書メーター
ブクログ
ブログランキング
このサイトの価格

最新の記事
最近のコメント
カテゴリー