HOME   »  
 | 

破滅の刻 プレリリース 2回目

プロモレアは,「ロナス最後の抵抗」。2マナで5/4のトークンを出すが,次のターン土地がアンタップしない。2マナ5/4はリミテッドなら強そうと思ったが,タフネス4が結構脆い。弱いカードではないが,爆弾とまでは言えないカード

そのほかのレア。まず「大群の諜報」。7マナのエンチャントで,唱えたインスタントかソーサリーをコピーする。余波なんかと組み合わせれば強いんだろうが,7マナで出た時点で仕事しない時点でカスレアっぽい。
続いて,「差し迫る破滅」。3マナのエンチャントで,自身に乗っているカウンターと同じコストのスペルを唱えると,プレイヤーかクリーチャーにダメージを与える。これも,出た時点で仕事しない。その後の条件も厳しい。カスレアっぽい。
2枚目の「ロナス最後の抵抗」。強いことは強い。ただ.これ1枚では勝てない。トランプルでもあれば…。
「大儀/名分」。「大儀」はアドバンテージを得られない占術3。名分はライブラリトップのクリーチャーを場にだす。これはリミテッドだと使いにくい。
アモンケットのレアは「予言により」。コスト踏み倒しのエンチャント。これも場に出たとき何もしない。あとは白・緑のサイクリングランドの「まばらな木立ち」。
続きを読む

破滅の刻 プレリリース 1回目

今回も2回,プレリリースに参加

プレリリースレアは,「敵意ある砂漠」。墓地にある土地を追放し,2マナ払うことで3/4のクリーチャーになる土地。リミテッドでは墓地に土地が落ちることが少なそうなので,今回は使わず。

その他のレアは以下のとおり
「糾弾の天使」。2マナタップで明滅効果,督励すれば,「忘却の輪」と同じ効果の起動型能力を持つ天使。4マナ3/3,飛行・警戒萍とスペックも上場。爆弾レアかと思ったが,償還酔いのときは起動型能力は使えないし,3マナは結構重く,タフネス3は死にやすい。督励している間に押し切られることがある…と強いけれど,出せば勝ちとまではいかない。

「地揺すりのケンラ」。2マナ2/1速攻。場に出たとき,パワー以下のクリチャー1体を対象とし,ブロックできなくする。6マナの永遠持ち。これも十分強いが,出せば勝ちというほどの爆弾ではない。

「雲遊/萍奇」。「雲遊」は,自分のコントロールするパーマネントを好きなだけバウンス。「萍奇」は余波で,墓地から唱えて好きな数のカード分赤ルーター(4マナ)。これは強いカードとは言えない。癖のあるカードで,リミテッドのレアとしては弱め。

「見捨てられた石棺」。サイクリングを持つ土地以外のカードを墓地から唱えることができるようにするアーティファクト。このカードを中心にしたデッキを作れそうなカードだがサイクリングカードの数次第といったところ。ドラフトだと強いかも。シールドだとプール次第か。今回はサイクリングカードが少なく,使わなかった。

アモンケットのレアは,白2マナで督励で絆魂の4/4になる「栄光半ばの修練者」と,サイクリング付きの全体に3点ダメージの赤の全体除去である「焼けつく双陽」。

プロモレアを含め,レアは強いけど爆弾カードはないというプール。
続きを読む

万能鑑定士Qの事件簿 7

6点。純金が無価値の合金に変わってしまう「逆錬金術」事件。この事件が,脱税でため込んだ財産を狙う一味によって行われている。そして,次に狙われるのは新進気鋭の出版社「ステファニー出版」。万能鑑定士,凜田莉子は,マルサの依頼を受け,ステファニー出版に入り込む。そのほか,小説盗作事件,時価5億円のペンダント紛失事件など,魅力的な謎が詰め込まれている。まるで短編集のように,良質の謎と解決を詰め込みながら,全体としては逆錬金術


書評・レビュー ブログランキングへ
やまだんさんの読書メーター
続きを読む

万能鑑定士Qの事件簿 6

7点。万能鑑定士Qである凜田莉子のライバル,万能贋作家の雨森花蓮が登場する。74番目のMaking New Counterfeit(=新たな偽物作り)略してNMC74に取り掛かる花蓮と莉子の対決が描かれる。これまでの犯人役は,明らかに莉子より格下の相手ばかりだったが,花蓮は莉子と互角以上の知識,知能,観察力を有する。花蓮のキャラクターの造形も非常に魅力的であり,楽しめる。ミステリとしては,NMC74とは何の贋作なのか,この点が焦点となっている分かりやすい作り。やや冗長に感じる部分はあるが,十分面白い。


書評・レビュー ブログランキングへ
やまだんさんの読書メーター
続きを読む

万能鑑定士Qの事件簿 5

7点。凜田莉子は,お盆休みを利用し,パリに旅行する。旅行には,高校時代の恩師,喜屋武が同行する。そして,フランスでは,莉子の同級生で,料理人の修行をしている楚辺のアパートに泊まることになる。楚辺が修行している老舗レストラン「ベランジェール」で食中毒事件が起こり,楚辺を助けるために,莉子と喜屋武がパリを駆け巡るというストーリー。謎はそこまで魅力的なものではないが,テンポよく捜査が進む。ときおり挟まれる雑学も面白く,フランスを舞台にしているので,マンネリ感も薄い。真犯人の意外性もありなかなかのデキ


書評・レビュー ブログランキングへ
やまだんさんの読書メーター
続きを読む
カウンター

ブックメーター
やまだんさんの読書メーター
ブクログ
ブログランキング
このサイトの価格

最新の記事
最近のコメント
カテゴリー