FC2ブログ
HOME   »    »  あぶない叔父さん

あぶない叔父さん

5点。『緻密な論理と伏線に裏に秘された,あまりにも予想外な「犯人」に驚愕するミステリ』と紹介されている。面白いプロットの短編集ではあるが,一つ一つの短編に,そこまでのサプライズがあるかどうかは疑問。物語は「斯波優斗」という高校生の視点で描かれるのだが,この主人公がやや冷めた性格。また,この主人公の恋愛についての描写もあり,話の展開がやや退屈に感じる作品が多い。個々の短編のトリックはバカミスらしいものが多く,バカミス好きならそれなりに楽しめる。個人的には,設定にインパクトを感じたが,傑作とは思えなかった。
〇 総合評価  ★★★☆☆
〇 サプライズ ★★☆☆☆
〇 熱中度   ★★☆☆☆
〇 インパクト ★★★★☆
〇 キャラクター★★★☆☆
〇 読後感   ★★☆☆☆
〇 希少価値  ★☆☆☆☆
 シリーズを通した「連続殺人犯」ともいえる「叔父さん」が存在する異色の作品。麻耶雄嵩らしい独特のインパクトがある作品ともいえる。
 「連続殺人犯」とはいえ,別に叔父さんは知能犯というわけではない。「なんでも屋」である叔父さんが,様々な事件に関与し,結果として人を殺してしまうという設定。インパクトはある。
 設定上,最終的な犯人が「叔父さん」であることが分かってしまうのでサプライズはそれほどない。しかし,短編集の3番目の作品である「最後の海」は犯人が叔父さんではない。短編集の真ん中で,読者の裏を書く作品があるためややサプライズがある。それ以後は叔父さんが犯人ではないかも…と思わせているのも上手い。
 設定は面白いのだが,個々の短編集のミステリとしてのデキはイマイチ。「失くした御守」のトリックはコタツに隠れていたというもの。「転校生と放火魔」は放火犯を叔父さんが殺害してしまうというプロットはそれなりに面白いが「四神」をテーマとしたミッシングリングがさほど面白くない。「最後の海」は叔父さんが犯人でないというプロットは面白い。しかし,トリックは二人羽織りで死亡時刻をごまかしたというもの。ちゃちすぎるトリック。「旧友」は被害者と加害者を誤認させるというプロットは面白いが,トリックは犯人である叔父さんが密室にいて,第1発見者が入ってきたときに外から入ってきたふりをするとうもの。これも推理クイズ並みのちゃちいトリック。「あかずの扉」は犯人である叔父さんが石のふりをして目撃者をやり過ごすというもの。これもひどい。「藁をもつかむ」に至ってはトリックらしいトリックはない。
 文体も「冷めた性格」である主人公である「斯嵯優斗」の視点から描かれているため淡々としている。そのため盛り上がりに乏しい。主人公の恋愛話も交わってきて全体的に退屈。先を読みたいと言う意識が持ちにくい。トータルで見て設定負けしている作品だと思う。そもそも設定は面白いのだが,この設定で面白い作品を作るのは難しいのかもしれない。設定の面白さから,短編集としては,全く面白くないというわけではないので,ギリギリ★3程度で。
〇 メモ
〇 シリーズに共通の仕掛け
 基本的には「叔父さん」が意図せず殺人を犯している真犯人という設定。
〇 斯嵯優斗
〇 美雲真紀
〇 武嶋陽介
〇 辰吉明美

〇 失くした御守
 国語教師與五康介が良家の娘で婚約者である鴻嘉恭子と心中に見せかけて殺害される。
 真相は,叔父さんが車で與五に接触し,後頭部を地蔵にぶつけて死亡したというもの。後を追って自殺しようとした恭子も叔父さんが誤って殺害してしまう。恭子が消失したのは叔父さんがこたつに隠したから。叔父さんは二人のために心中に見せかける工作をした。
 叔父さんが悪意がなく殺人し,偽装工作まで行っているという話。叔父さんを慕う主人公優斗の視点から描かれるので叔父さんが「いい人」として描かれるのがなんとも歯がゆい。トリックらしいトリックはなく,こたつに隠れていたのが消失の原因などバカミス的なものしかない。全体のなんとも言えない雰囲気を楽しむ作品か。ギリギリ★3。
〇 転校生と放火魔
 潟田という女性が放火をしていた。叔父さんは潟田の犯行に気付き,見回りをしているところを鉢合わせしてしまい,潟田を殺害してしまう。叔父さんは潟田を犯人にしないようにするために火を付ける。
 潟田と同居していた平川という男は,明美の母親である法子(離婚した妻)に未練があり,殺害しようとするが未遂に終わる。 
 これも叔父さんが放火魔だった潟田を殺害してしまうことで謎が深まるという話。ミステリらしいトリックなどはほとんどない。連続殺人という奇妙な設定を楽しむシリーズということか。優斗が視点となっている話も淡々としており,味気ない。ギリギリ★3か★2というところ
〇 最後の海
 医者の家である枇杷家で,家を継ぐはずだった長男の理が犯罪を犯す。そのため,画家を目指していた次男の司の美大への進学が困難になる。そんな最中,枇杷家の当主である枇杷均の死体が発見される。
 この作品では,主人公である斯嵯優斗が叔父さんが犯人であると疑い,叔父さんに「どうやって殺したの?」と聞く。すると叔父さんは「無闇に人を疑うのは良くないな。」と諭す。この作品は叔父さんが犯人ではないというサプライズ。犯人は均の弟である則高と均の後妻の葉子。トリックは二人羽織りで死亡時間を偽るというもの。トリックはまごうことなきバカミス。叔父さんが犯人だろうという先入観を逆手にとるサプライズがウリ。これを短編集の真ん中に持ってくることで後半の作品でも叔父さんが作品かどうか疑心暗鬼で読むことになる。美大への進学を迷う司の描写も後味が悪く,麻耶雄嵩らしい短編といえる。とはいえ,★4とするほどでもない。★3の上の方という感じ。
〇 旧友
 叔父さんの旧友である柳ヶ瀬伸司という男が株で大儲けをして霧ヶ町に帰ってきた。その柳ヶ瀬伸司が妻と一緒に死体で発見される。柳ヶ瀬伸司は嫌がらせを受けていたこともあって,叔父さんと妻の弟である木之元誠の二人が見張りを頼んでいたが,死体で発見される。密室殺人のようになってしまう。柳ヶ瀬伸司を恨んでいた汐津という男も死体で発見される。イルボラ様の祟りであると町では噂されるが…。
 真相は柳ヶ瀬伸司が妻と汐津を殺害していた。妻と塩津が不倫をしていたのが原因。柳ヶ瀬は自分のアリバイ工作として叔父さんと木之元に見張りを頼んでいた。叔父さんは自首するように勧めるうちに柳ヶ瀬伸司を殺害してしまう。浮気されたことや妻が不倫していたことが広まらないようにするために,叔父さんは柳ヶ瀬が生きていたように見せかける。具体的には密室の中で待機し木之元を呼んで,木之元が入ってから外から来たように振舞った。これがトリック。
 イルボラ様の呪いをミスディレクションにしつつ,被害者と加害者を誤信させるというプロット。トリックが密室の中に犯人がいたという使い古されたものである点がバカミス的ではある。この短編集の中では及第点のデキだろう。★3で。
〇 あかずの扉
 主人公の優斗と友人である陽介は,テレビで秋えびすという祭のことが放送され,予約が増えている旅館の部屋の整理のアルバイトに行く。叔父さんも同じ旅館で人形造りを手伝う。その旅館で手伝いに来ていた奥実秀夫という秋えびすのスポンサーの死体が発見される。
 この作品も実行犯は叔父さん。奥実が不倫していることが分かる手帳を見せてしまったことから興奮した奥実ともみ合っているうちにこけて風呂場の石で頭を打って死んでしまう。叔父さんは庭石を使って死体を風呂の中に沈める。叔父さん自身が石のふりをしてやり過ごす。事件は事故として処理される。
 石のふりをして現場でやり過ごすことで容疑の圏外に行くというバカミストリック。これはバカ。ある意味面白い作品だし,「あぶない叔父さん」という作品らしい作品だろう。★3どまりかな。
〇 藁をも掴む
 優斗の通う高校で二人の女生徒が屋上から抱き合う形で落ちて死亡する。二人は恋敵だった。主人公の優斗は真紀と明美の二人のどちらかを選ぶか迷う。ノイローゼのようになった優斗は,屋上からどちらかを突き落として殺害しようとするが,叔父さんに止められる。優斗が突き落とそうとしていたのは真紀でも明美でもなく幽霊だった。叔父さんが止めなければ,優斗が屋上から落ちていたかもしれない。
 女生徒の二人の転落の真相は,叔父さんが一枚かんでいた。恋敵の二人は,今カノの方が元カノを殺害しようとして屋上から落とそうとしているところを,叔父さんが慌てて止めようとして声を掛け,二人とも転落死してしまった。
 幽霊騒ぎの余韻があるが,トリックらしいトリックもなく平凡なデキ。★2~★3というところか。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カウンター

ブックメーター
やまだんさんの読書メーター
ブクログ
ブログランキング
このサイトの価格

最新の記事
最近のコメント
カテゴリー