FC2ブログ
HOME   »    »  出版禁止

出版禁止

6点。とある事情により掲載が見送られた「若橋呉成」という人物が描いた「カミュの刺客」というルポルタージュを掲載するという体裁。作中作「カミュの刺客」には,「児戯のような仕掛け」が設けられている。思わせぶりな描写と話展開で,読んでいる間は熱中して読むことができた。最後のどんでん返しは,真相の描き方が読者に考えさせるという形になっている。そのため,最後の部分の衝撃度がやや減っている。作風・趣向は好みだし,読んでいるときの面白さは十分だったが,読む前の期待が高すぎたのか,少し物足りないと感じてしまった。
評価
 サプライズ ★★☆☆☆
 熱中度   ★★★★☆
 インパクト ★★★☆☆
 キャラクター★★☆☆☆
 読後感   ★★☆☆☆
 希少価値  ★☆☆☆☆
 総合評価  ★★★☆☆

〇 サプライズ ★★☆☆☆
 「どんでん返し」がある小説だからといって,サプライズがあるわけではない。この小説は,途中,取材対象である新藤七諸が熊切敏を殺害するために神湯堯が送り込んだ「カミュの刺客」であったと思わせておいて,若橋呉成という作中作の著者こそが「カミュの刺客」であったというどんでん返しを用意している。しかし,読者にそう推理させるような見せ方をしているのでサプライズはそれほどでもない。途中,若橋呉成が新藤七諸を殺害し,首を切って頭だけを運び,胴体部分を食するというえげつない展開をして,そのことをはっきりとは書かないという叙述トリックがある。これも面白い趣向なのだが,話の展開の意外性はあるが,謎の明かし方にそれほど工夫がなく,淡々と事実が明かされるので,そこまで驚くほどではない。は「わかはしくれなり」が「われはしかくなり(我は刺客なり)」というアナグラムになっていること,「しんどうななお」が「どうなしおんな(胴無し女)」のアナグラムになっているという点も面白い趣向なのだが…これも作中では明かされておらず,サプライズは薄め。結局,著者は,話全体のどんでん返しが魅力的な作品であり,作中に謎をちりばめて終わらせ,読者に考える余地を残すという作品で,作中で読者をびっくりさせるような終わらせ方をしたかったのではないのだろう。★2で。

〇 熱中度 ★★★★☆
 話運びはうまい。作中作は新藤七諸に対するインタビューや取材を通じ,熊切敏の心中事件の真相が徐々に暴かれていく。後半部分,若橋の草稿という形で残っていたという部分で「改めて原稿や取材で得た資料に目を通してみると,私は勝手な思い込みで,事件に対して大きな間違いをしていたことを実感する。それも二つも…」とあるところなどたまらない。どういったどんでん返しがあるのか楽しみで読むのが止まらない。熱中度は高い。

〇 インパクト ★★★☆☆
 読者を驚かすような終わらせ方ではないのでサプライズはそれほどでもないが,新藤七諸の胴体部分を食していたという部分など,インパクトはある。しかし,もっとインパクトのある作品にするなら,謎解き部分で,もっと真相を効果的に記述すれば,「こんな真相だったのか!」と,もっとインパクトがある作品になったと思う。謎をちりばめた終わり方をし,若橋がなぜこんなことをしたのか…ということを読者に考えさせる形にしたので,インパクトが薄れている。ネタバレサイトなどを見ても,「若橋が生還するためにしようとしたこと」の意図が「精神を害したと判断され,神湯の死角の手に掛からないようにするためでは」程度しかない。そもそもそのオチだと作中で明かしていてもそれほどのインパクトではないが…。もっとすごい真相を著者が想定しており,それがしっかりと作中で明かされていればインパクトにつながったと思うのだが。典型的な読んでいるときは面白いが,ラストの盛り上がり,オチがしっかりしていない作品となっている。時間が経つとどういう作品だったかあまり印象に残ってなさそう。

〇 キャラクター ★★☆☆☆
 各キャラクターの背景などは,読者に考える余地,推理させる余地を残すために,あえて掘り下げられていない。いわゆる「人間が書けていない」作品だともいえる。結局,若橋呉成はどういう人物だったのか,新藤七諸はどういう人物だったのか。熊切敏も永津佐和子も。キャラクターが経っていないからインパクトがそこまでないともいえる。

〇 読後感 ★★☆☆☆
 新藤は若橋をどう思っていたのか。若橋の新藤に対する思いは?永津の死亡の真相は。そもそも神湯はどうからんでいたのか…などなどいろいろちゅうぶらりんのまま。ただ,若橋が新藤を食していたという部分の読後感の悪さはある。

〇 希少価値 ★☆☆☆☆
 テレビで紹介もされているし,よく売れている。最後はブックオフで100円という感じの本だろう。ただし,少なくとも読んでいるときは面白いので100円ならお得だろう。

〇 総合評価 ★★★☆☆
 話運びが上手く,読んでいるときは抜群に面白い。さまざまな伏線がありそうだし,出てくるキャラクターの経歴なども謎だらけ。しかし,真相部分・オチの部分がなんとも物足りなり。「ルポルタージュの中に,児戯のごとくいくつかの仕掛けを施した」とあるが,そもそもあとがきなどで書かれている程度の仕掛けしかなさそう。もっと何かあるとでは?と思わせるだけで,それほど奥深さがないんじゃないかと思う。結局,熊切と新藤の心中は偽装。新藤は永津のために熊切を殺害した。若橋は真相を暴き,新藤が熊切を殺害しているのであれば,新藤を殺害するように命じられたカミュの刺客だった。新藤はなんとかして最後は司直の手から生還する(=責任能力がない)と判断されるために手を尽くしたが,警察内にいるカミュの刺客により自殺に見せかけられ殺害された…程度の真相なのではないかと思う。これを作中でしっかり描けていれば,もう少しきっちりした伏線などがあれば…それでもそこそこ止まりの小説だったと思う。しかしそれを投げっぱなしで終わってしまうというのはあまり好みではない。もっと深い何かが隠されているのかも…と思わせる作品にはなっているのだが。個人的にはこういった思わせぶりで,それほどの中身がない作品は好みではない。読んでいるときの面白さを踏まえ★3で。

〇 メモ
 深夜番組「放送禁止」のディレクターだった長江俊和が手に入れた「出版禁止」になったルポルタージュを公表するという設定
 作中作「カミュの視覚」の著者は若橋呉成(仮名)。7年前に雑誌やワイドショーを賑わせた熊切敏心中事件で生き残った女性「新藤七諸」(仮名)の取材をする。熊切敏は著名なドキュメンタリー作家。妻は女優の永津佐和子。当時,秘書だった新藤七諸と不倫の末,心中したとされているが,この心中は偽装でないかとの疑惑があった。若橋は熊切の心中が本当に心中なのか。本当に心中だったときはその心情を公表するために取材をする。
 若橋呉成は,これまで全くマスコミの取材を受けなかった新藤七諸の取材に成功する。ほかにも関係者の取材を通じ,熊切がドキュメンタリー作品「日出ずる国の遺言」で攻撃した大物政治家「神湯堯」が熊切を殺害したのではないかと考える。神湯やそのシンパたちは,神湯に害を及ぼす存在を抹消する際,「刺客」を送り込むという。その存在はカミュの刺客と呼ばれ,カミュの刺客は自分が誰に雇われたか,何のためにその対象者を殺害するのか,知らされないこともあるという。若橋は新藤が「カミュの刺客」だったのではないかと疑う。
 取材を進めると,七緒をはじめとする複数の人物から「神湯が熊切を殺害するはずがない」という証言を,聞く。若橋は,神湯のシンパで「武闘派」と呼ばれているグループの「高橋」(仮名)という人物を取材する。そこで,神湯が熊切の親であり,裏では熊切を援助していたという事実を聞く。若橋は,高橋から 「目に見えるものが全てではない。この事件における視覚の死角。それが一刻も早く,気づかなければならない喫緊の課題である」と言われる。
 若橋は,新藤に対し,「あなたはカミュの刺客」ではないのかと質問する。すると,若橋は,心中の時に撮影した映像を若橋に見せる。若橋は新藤がかつて熊切の妻である永津佐和子の付き人であったということを知る。
 この後は,若橋が「草稿」として残した部分。若橋はいったん取材を中断し,これまで取材した部分を整理する。そして一部漢字の変換を間違っていたことに気づく。若橋は「心中事件が起こった背景の検討違いの推理」と「この心中事件における自分の役割」を誤解していたことに気づく。改めて七緒に対する取材を始める。若橋は七緒と一緒に暮らし始める。
 若橋は取材を進め,熊切という人物のイメージが変わる。妻へのDV。神湯との関係。その後,若橋と新藤が熊切と新藤が心中した山荘で,熊切達と同じように心中するという描写がされる。若橋は,新藤は永津に憧れ,永津のために熊切を心中に見せかけて殺害したのではないかと疑う。そしてその取材をしながら心中をしたように見えるのだが…。
 作中作の後に,長江がその後について述べる。山荘で発見された死体は女性の死体。 若橋が新藤を殺害したという報道がされ熊切についてのルポルタージュは掲載見送られる。長江による真相の推理。勾留中の若橋は自害する。殺害日時は山荘に行く2週間前に死んでいた。また,若橋は「ルポルタージュの中に,児戯のごとくいくつかの仕掛けを施した」という。ルポルタージュの中には若橋による新藤殺害のシーンがそれとなく書かれている。そこには文等をつなげてよむと「彼女をころした」と書かれている。また,取材を進め若橋は新藤の頭だけを持ち運んでいたことが分かる。若橋は新藤の体を食していた。その後,永津佐和子も交通事故で死ぬ。最後に見つかった若橋の手記。そこには「どうやら私は,カミュの刺客としては失格だったようだ わかはしくれなり」という記載があった。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カウンター

ブックメーター
やまだんさんの読書メーター
ブクログ
ブログランキング
このサイトの価格

最新の記事
最近のコメント
カテゴリー