FC2ブログ
HOME   »    »  猫島ハウスの騒動

猫島ハウスの騒動

4点。葉崎半島の先にある猫島を舞台としたコージーミステリ。葉崎市シリーズの一つであり,ヴィラ・マグノリアの殺人や古書店アゼリアの死体と同じ世界の話(時代的に少し後),ちょっとしたつながりがある。若竹七海が描くキャラクターは,ほのぼのしていて魅力的に描かれている。しかし,この作品は,冗長と感じてしまった。ミステリとしての仕掛けが軽いものであり,猫島を舞台とした猫島の登場人物の話が多い。警察の捜査も丁寧というより冗長に感じる。ミステリとしての完成度を上げるなら登場人物を減らして短編にした方がよかった。
評価
 サプライズ ★☆☆☆☆
 熱中度   ★★★☆☆
 インパクト ★☆☆☆☆
 キャラクター★★★★☆
 読後感   ★★★☆☆
 希少価値  ★★☆☆☆
 総合評価  ★★★☆☆

サプライズ ★☆☆☆☆
 ゴミ置き場で見つかった死体=磯谷拓美を殺害したのはアルベルト茂平。アルベルト茂平と小池守の死亡は単なる事故。近藤景太郎は薬の取引をしていて,キャットアイランドリゾートにいた黒幕的存在はハシグチコーポレーションの元代表の橋口勲は,磯谷拓美死亡をゴミの山に埋め,死亡の原因を作ったという真相。杉浦浩次郎が残した財産は猫島ハウスのペルシャじゅうたんだったというオチ。これは予測できた。入り組んでいる割にはサプライズ感はない。やられたというような感想はない。

熱中度 ★★★☆☆
 会話やキャラクターはよいのだが,キャラクターが多すぎて,話の筋が飛ぶので読みにくい。登場人物の多さととびとびの話のせいで,全体のつながりがつかみにくい。雰囲気は楽し気なのだが,話の筋が分かりにくいので熱中度はそれほど高くない。

インパクト ★☆☆☆☆
 読んでいるときは,雰囲気を楽しめるが,そもそも何の事件があって,誰が犯人なのか思い出せないというインパクトの弱さ。小説らしいというか,少なくとも論理的な文章ではない。インパクトは弱め。

キャラクター★★★★☆
 キャラクターは魅力的。コージーミステリらしい,ほんわかした親しみのあるキャラクターが多数登場する。

読後感   ★★★★☆
 一応事件は解決する。杉浦響子と菅野虎徹のケンカは解消するし,七瀬巡査も処分されないとのこと。黒幕的存在だった橋口勲は猫島を去る。読後感は悪くない。

希少価値  ★★☆☆☆
 ベストセラーでもなく,売れてもない。しかし,電子書籍もあるし手に入らないことはない。

総合評価  ★★☆☆☆
 キャラクターは魅力的だが多すぎる。端的に言うと冗長である。一応,死体は3つでるが2つは事故。1つはアルベルト茂平という事故で死んだ男が犯人。近藤景太郎がアルベルト茂平と薬の取引をしようとしていて,お金がなくて騒ぐというオチ。このネタでミステリとするなら,登場人物を減らし,短編として仕上げるべき。ミステリではなく,キャラクターの魅力を生かしたユーモア小説とするならこれでもありかもしれないが,その場合は事件をもうちょっとシンプルにした方がよいかも。総合的に見て,ミステリとしてもユーモア小説としても中途半端なデキになっている。★2で。








〇 メモ
第1章 猫も杓子も(7月28日)
 猫のため息という入り江で,菅野虎徹と謎の女性が猫の死体(はく製)を発見。警察に通報する。
第2章 暑いブリキの上の猫(7月28日)
 猫島ハウスという民宿や猫島神社の紹介。猫島神社にいる森下哲也と森下美砂の会話などから,杉浦幸次郎が勧当銀行から3億円を奪った事件が紹介される。
第3章 鳴く猫はネズミを捕らぬ(7月28日)
 第1章で出てきた猫のはく製から覚せい剤の成分が検出される。容疑者はアルベルト茂平(桑原茂平)。
第4章 猫の手も借りたい(7月31日)
 小池守という男が死亡する。近藤景太郎が目撃者。死因は海に投身した人にぶつかったというもの。落ちたのはアルベルト茂平。
第5章 猫が肥えれば鰹節が痩せる(7月31日)
 猫島ハウスでのやり取りとアルベルト茂平事件の捜査
第6章 上手の猫が爪を隠す(7月31日)
 アルベルト茂平事件の捜査。猫島ハウスでは杉浦幸次郎の話題。猫島神社の話。キャットアイランド・リゾートに謎の黒幕がいるという描写
第7章 猫の首に鈴をつける(8月1日)
 アルベルト茂平事件の捜査会議。駒持警部補と七瀬巡査による猫島神社,猫島ハウスの捜査
第8章 猫の恩返し(8月2日)
 原アカネの家のゴミ置き場から死体が発見される。謎の男女(山田太郎と山田花子)が猫島ハウスに泊まっていたこと,アルベルト茂平が訪ねてきていたことが分かる。
第9章 猫でも王様を見ることができる(8月2日)
 謎の死体が磯谷拓美というアルベルト茂平の関係者だったことが分かる。捜査と松浦響子の話
第10章 鳩の中の猫(8月3日)
 磯谷拓美と一緒に猫島ハウスに泊まっていた山田花子という女性が見つかり,警察が話を聞く。猫島に台風が来るので,島民はその対策をする。
第11章 猫を追うより皿を引け(8月3日)
 猫島に台風が来る。島民は猫島神社に避難。避難していた猫島神社で,近藤景太郎が暴れる。七瀬の機転で逮捕
第12章 猫に小判(8月5日)
 真相。磯谷拓美を殺害したのはアルベルト茂平。アルベルト茂平と小池守の死亡は事故。近藤景太郎は,アルベルト茂平と薬の取引をしようとしていた。猫島神社で七瀬の機転で逮捕される。
 エピローグ。キャットアイランドリゾートにいた黒幕的存在はハシグチコーポレーションの元代表の橋口勲。橋口は磯谷拓美に少し関与していた。杉浦幸次郎が残したのは猫島ハウスの松子の部屋にあるペルシャ絨毯だった。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カウンター

ブックメーター
やまだんさんの読書メーター
ブクログ
ブログランキング
このサイトの価格

最新の記事
最近のコメント
カテゴリー