FC2ブログ
HOME   »    »  十二枚のだまし絵

十二枚のだまし絵

4点。「世にも奇妙な物語」を彷彿させるような,ちょっとした話が12編収録されている短編集。翻訳モノの短編集は,背景となる文化が分からず,「書かれていない部分」を楽しむことができないので,物足りないことが多い。この短編集の作品も,もし,技巧的な日本人作家がこのネタ,アイデアで,設定を日本とした作品を書いていたら,もっと面白かったのではないかと感じた。後半部分を4つの味付けで書き分けた「焼き加減はお好みで…」など,技巧的な日本人作家が書いていたら,それぞれの話の関連を強め,面白い仕上げにしていたと思う。
〇 総合評価 ★★☆☆☆
 翻訳モノの短編集はあまり面白くないことが多い。原因は文化の違い。ちょっとした小話やネタの意味が分からないので面白さを感じにくい。この作品は12作品のミステリ…というより世にも奇妙な話系の話がある。そもそものオチ・ネタが弱く,話づくりがそれなりにうまいというイメージ。これだけの話づくりのある作家であれば,日本人で日本人に分かりやすい小ネタを入れてあれば,それなりに楽しめる作品を量産しそうではある。
 それでも,よく分からないアメリカンジョークはそこまで多くない。よって,★3程度には楽しめる作品がそれなりにあった。しかし,やっぱり何か違う。最後の「焼き加減はお好みで…」など,蒼井上鷹などの日本人作家が書いていたらもっと細かい部分に「なるほど」と思わせる技巧をこらした作品にしていたと思う。全体的に大味。★2かな。

〇 試行錯誤 ★★★☆☆
 法廷モノ。ジェレミー・アレクザンダーという男と妻に裏切られた男の話。80頁ほどある中編で,メインの一篇なんだろう。ちょっとした叙述トリックがある。妻と友人に裏切られた主人公のリチャードは,殺人罪で1度裁かれ,殺人未遂でもう一度裁かれることになる。
 主人公のリチャードが,妻と友人であるアレクサンダーにはめられ,アレクサンダー殺しの罪で裁かれるが,実はアレクサンダーは生きていて別人になりすましていたというもの。富豪である主人公のリチャードは,私設の捜査員を雇って真相を暴く。法廷モノでありサスペンスでもある。これはそこそこ面白かった。★3

〇 割勘で安あがり ★★★☆☆
 ミステリではなく,ちょっとした小話。ある魅力的な女性が二人の男に半分ずつ金を出させて高価なプレゼントを買わせるというだけの話。これだけたわいのない話をそれなりに読ませる短編小説に仕上げるジェフリー・アーチャーの話作りの上手さが発揮されている。★3で。

〇 ダギー・モーティマーの右腕 ★☆☆☆☆
 昔のボート・レースの英雄ダギー・モーティマーが八百長をしていて,そのためにせっかく主人公が買い戻したダギー・モーティマーの右腕がまた廃棄されるというだけの話。オチもないし,あまり面白くもない話。★1


〇 バグダッドで足止め ★☆☆☆☆
 サスペンスに近いノリ。バグダッドから亡命した男が飛行機のトラブルでバグダッド空港で降ろされ,住んでのところでバグダッド政府に連れ戻され、死刑になりそうになるがなんとか助かるという話。しかしオチの部分,なんで主人公のゼーバリが助かったのかが腑に落ちない。★1


〇 海峡トンネルミステリー ★★☆☆☆
 主人公と友人の作家の話。女が絡む。主人公の作品を読んでいない友人が,女から聞いたあらすじを自分の作品のように話,その内容が主人公の書いた作品だったというオチ。それなり。★2


〇 シューシャイン・ボーイ ★★★☆☆
 北大西洋の真ん中の島に赴任した男のもとに,総督が急にやってきて,急場しのぎの使用人で対応するが,見抜かれていたというオチ。三谷幸喜の舞台やドラマのようなシチュエーションコメディ。デキはそれなり。★3で。

〇 後悔はさせない ★★☆☆☆
 生命保険がらみの話。健康診査で友人の尿をだして審査を欺くが,生命保険会社員の罠で見抜かれる。しかし,最後は,嘘をついた男も自然死で死んでしまい,生命保険を得るという話。話づくりはうまいがオチは予想の範囲。★2かなぁ。

〇 高速道路の殺人鬼 ★★★☆☆
 殺人鬼が後ろから追い掛けてきた車ではなく,女性の車の後ろに乗っていて,後ろから追い掛けていた車はそのことを教えようとしていたというオチのサスペンス。それなりに面白い。★3

〇 非売品 ★★☆☆☆
 画家の卵の少女が,画商で出会った男に裏切られる話。しかし,画家としては成功の兆しがある。最後に事故に遭い,その事故が報道されたおかげで有名になる話。つまらなくはないが,面白くもない。★2


〇 TIMEO DANAOS… ★★☆☆☆
 銀行員が旅先でお土産の銀の食器セットを買おうとする話。都会に近づくにつれてお土産の価格が上がり,最後は騙されて遠くの店で結構高めの値段で買うことになる話。★2

〇 眼には眼を ★★★☆☆
 眼が見えないと嘘を言っている被告人に対し,敏腕弁護士が眼が見えていることがばれていると知らしめるために義眼の弁護士の眼をはずさせるという話。これはそこそこ。★3

〇 焼き加減はお好みで
 映画館で女性に出会う男の話。後半部分が4種類に書き分けられる。4通り別々の結末を用意しているだけで,他の話と何か関連があるとか,そういった趣向がない。特に面白くもない。★2
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カウンター

ブックメーター
やまだんさんの読書メーター
ブクログ
ブログランキング
このサイトの価格

最新の記事
最近のコメント
カテゴリー