FC2ブログ
HOME   »    »  人魚姫: 探偵グリムの手稿

人魚姫: 探偵グリムの手稿

8点。「人魚姫」を背景としたミステリ。探偵役はルートヴィッヒ・グリム。グリム兄弟の1人の画家。ルートヴィッヒ,子どもの頃のアンデルセン,人魚の1人であるセレナの三人がデンマーク王子殺害の謎に挑む。ミステリとしては,一つのトリックに頼ったシンプルな構成。そのトリックも含め,ミステリとしてはこじんまりとしているが,よくできている。物語全体の雰囲気が非常に修一。それに加えて,登場するキャラクターが非常に魅力的に描かれている。ラストは,単なるハッピーエンドではないが,読後感もよい。総合的に見て,よくできた良作
評価
 サプライズ ★★★☆☆
 熱中度   ★★★☆☆
 インパクト ★★★☆☆
 キャラクター★★★★★
 読後感   ★★★★☆
 希少価値  ★☆☆☆☆
 総合評価  ★★★★☆

サプライズ ★★★☆☆
 クリスチャン王子殺害の犯人がルイーズ王子妃だというのはある程度予想できてしまう。よって,この部分はあまりサプライズがない。魔女が二人いて,一人目の魔女がナポレオンに恋し,ナポレオンを助けていたという点もあからさまに書かれている。セレナの妹が二人目の魔女になっていたという点はややサプライズ。総合的にみると,★3かな。伏線が丁寧でよくできているので,納得のいく驚きである。

熱中度   ★★★☆☆
 よくできた話。人魚姫が存在するファンタジー世界の話である。よって何でもアリ。どういう展開になるか気になる。話はそれほど荒唐無稽にならず,きれいにまとまっていく。先が気になることは確かだが,そこまで入り込むほどの展開ではない。背景となる魔女殺しを除くと,殺人はクリスチャン王子殺害の1つしか起きない。捜査も丁寧だがやや冗長。熱中度は★3で。

インパクト ★★★☆☆
 人魚姫を下敷きにしたミステリというわけで,これだけでもある程度のインパクトはある。しかし,内容はまっとうな本格ミステリ。北山猛邦らしい物理トリックがあり,跳ね橋を使った死体異動の物理トリックのインパクトもある。ただし,インパクトがあるかというとうまくまとまっているという印象の方が強い作品

キャラクター★★★★★
 グリム,セレナ,ハンスを始めとして登場する伽kらクターは非常に魅力的である。ひと昔前の子ども向けアニメにでてくるファンタジーっぽいキャラクターが勢ぞろい。魔女になったセレナの妹の告白もリアル。キャラクターは★5を付けることができる。

読後感   ★★★★☆
 セレナの心臓が戻らず,セレナの妹は魔女として生きていく。しかし,セレナは心臓がない状態でもある程度いきられそう。ラストシーンがセレナとハンスの笑顔というグリムの贈り物で終わるシーンの読後感はよい。★4で。

希少価値  ★☆☆☆☆
 徳間文庫というのが何とも言えない。地味な作品であり,将来的に手に入りにくくなる可能性があるかも。

総合評価  ★★★★☆
 ミステリとしては,跳ね橋の物理トリックを使った死体移動のトリックのみ。ミステリとしてはそこまでの作品ではない。しかし,魔女の企みが背後にあり,ナポレオンを支えるという魔女の企みが生きている。各キャラクターも非常に魅力的。ハンスはまさにひと昔前のアニメに出てきそうなキャラ。グリムとセレナもとてもいきいきしている。特殊世界のミステリとして非常に丁寧に作られており,ラストもさわやか。万人におすすめできる作品だと思う。良作。★4で。

〇 メモ
 プロローグは1793年。人魚姫がある男性を助ける。しかし,男性はほかの女性に助けられと誤解する。
第1章
 1816年のデンマーク・オーデンセ。ハンス・クリスチャン・アンデルセンの父が病死する。ハンスは父の形見の人形を探しているときに,自分が死神だと誤解した男,グリムに出会う。グリムとハンスは人形を探している中で,セレナという女性に出会う。セレナは人間の姿をしているが人魚。離宮で起こったデンマーク王子(クリスチャン王子)殺人事件の真相を解明したいという。セレナの妹は魔女の力で人間となっていた。王子と結ばれないと泡となって消える。魔女が用意した短刀で王子を殺害すれば人魚に戻ることができる。しかし,妹は王子を殺害しなかった。その後,王子が魔女の短刀で殺害された。王子殺害の真犯人を見付けないと,妹に不名誉な噂が生じ,ひいては海の世界の戦争につながるという。
 セレナは魔女と取引した。心臓と引き換えに人間の姿を得た。1週間以内に真相を見付け心臓を取り戻さないと死んでしまう。
 1793年。ある人魚が魔女に会うシーン。
第2章
 離宮に入るためにハンスはセレナとブンケフロード牧師夫人に会う。偶然グリムもブンケフロード牧師夫人のところにいた。ブンケフロード牧師夫人の紹介で,離宮に入る。ハンスとセレナは図書室から抜け出し捜査をする。その捜査の中で庭師のラーセンから話を聞く。ルイーズ王女に会ったところでヨハンネス執政官に見つかるが,フレデリク第3王子の助けにより無事離宮を出る。捜査の結果,王子を殺害できる人間はいないように思われた。
 1793年。ある人魚は魔女を殺害し,人間になる。しかし,魔女の呪いで魔女になってしまう。
第3章
 更なる捜査。翌日,ハンスは先生に見つかり,学校に行く。1日が終わる。ハンスはセレナに会う。セレナは町で情報収集をしたがあまり収穫はなかった。セレナの姉からの情報によると魔女の行方が分からないという。セレナとハンスは魔女の遺体を見付ける。セレナがクリスチャン王子殺害の疑いで逮捕される。
1796年 
 謎の人魚は愛する男のために諜報活動をする。男は勝利を重ねる。
第4章
 グリムとハンスによる推理。ハンスは自分が探偵になるという。ハンスはセレナから預かった笛を利用してセレナの姉妹の人魚に会う。人魚はセレナを救出しようとし,ハンスに協力を求める。ハンスは人魚から王子殺害に使われた短刀を受け取る。グリムは魔女が少なくとも2人いること,短刀が2つあることを見抜く。
 翌日,ハンスは学校に行く。それから,夜,セレナを救出するために人魚に会う。ハンスは人魚の力を借り,離宮に潜入する。
 セレナの脱出は失敗する。しかし,グリムは事件の謎を解く。
1814年
 謎の人魚が助けていたのはナポレオンだった。
【真相】
 犯人はルイーズ王子妃。ルイーズは馬留めでクリスチャン王子を殺害し,跳ね橋を使って死体を部屋に運んだ。ルイーズ王子妃は凶器の魔女の短刀を町で入手していた。
 セレナの妹がクリスチャン王子を殺害しなかったのは自分が魔女に利用されていることに気付いたから。セレナの妹は短刀を捨てることで魔女をおびきだし,魔女を殺害した。セレナが殺した魔女は,ナポレオンを皇帝に返り咲かせるために行動していた。
 セレナの心臓を戻すには血が必要だった。しかしセレナはハンスを殺さなかった。
 最後にセレナとハンスはグリムから絵を送られる。その絵を見てセレナとハンスは笑った。
 ヨハンネス執政官

 
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カウンター

ブックメーター
やまだんさんの読書メーター
ブクログ
ブログランキング
このサイトの価格

最新の記事
最近のコメント
カテゴリー