FC2ブログ
HOME   »    »  長い家の殺人

長い家の殺人

4点。歌野晶午のデビュー作。近作の歌野晶午の作風からは想像できないくらい,にオーソドックスな構成のシンプルなミステリ。デビュー作だから仕方ないとはいえ,警察の描写が稚拙。また,途中に描かれるヒロインの日記部分はあまりに幼稚。総合的に見て文章が稚拙であり,小説としてのデキは悪い。歌野晶午らしい凝ったプロットは存在しない。トリックはバカミスチックなトリック。しかし,ミステリを読みなれているとこのトリックは見抜けてしまう。そして,そのトリック勝負の作品。文章も稚拙でトリックも平凡なので,評価は低くなってしまう。
評価
 サプライズ ★★☆☆☆
 熱中度   ★★☆☆☆
 インパクト ★★★★☆
 キャラクター★★★☆☆
 読後感   ★★★☆☆
 希少価値  ★☆☆☆☆
 総合評価  ★★★☆☆

 サプライズ ★★☆☆☆
 冒頭の「マリ…」と,真犯人を山脇と誤信させる叙述トリックがある。しかし,あからさま過ぎる。探偵役の信濃譲二がマリファナについて触れるところで,叙述トリックを見抜いてしまった。一応,もう一人,ドラムの駒村という人物がミスディレクションとして存在するが,空気状態。ここを上手く使えばサプライズ感はもう少しあったと思う。★2だろう。

熱中度 ★★☆☆☆
 一応,連続殺人事件なのだが間延びする。途中の警察の捜査が陳腐。徹の視点のほか,真梨子の日記も挟まれるがこれも幼稚。総じて,熱中度は低い。歌野晶午のっデビュー作ということもあって,まだまだ小説家としての腕が稚拙だというイメージ。★2で。

インパクト ★★★★☆
 壁を動かすことで部屋を誤解させ,死体が移動したと思わせる物理トリックのワンアイデアの作品。物理トリックの作品はインパクトがある。連続殺人事件なのだが,このアイデアによるアリバイトリックだけで二つの殺人をしている。このアイデアだけに頼ったシンプルな作品であり,インパクトはある。★4

キャラクター★☆☆☆☆
 全くというほど人間が書けていない。メイプル・リーフのメンバーは薄っぺらい。音楽に対する知識だけはあり,音楽についての雑学でごまかそうとしているイメージ。特に女性の描写が下手で三谷真梨子の日記など赤面モノである。探偵役の信濃譲二も全くといっていいほど個性がない。典型的なステレオタイプの名探偵役。★1で。

読後感   ★★★☆☆
 一応,真犯人の武の自殺というエピローグがある。しかしちっとも心に残らない。まず,武という人間が書けていないのが大きい。そのため,武の告白が白けたものになっている。こういう部分を一切なくし,完全な推理トリックに頼った作品にした方がよかった。読後感は良くも悪くもない。★3で。

希少価値  ★☆☆☆☆
 歌野晶午は人気作家でそのデビュー作。新装版もあるし,手に入りにくくはない。

総合評価  ★★☆☆☆
 壁を移動させることで,死体が移動させられたと誤信させる。その物理トリックに頼ったワンアイデアの昨比イン。トリック部分のほかは,音楽についての雑学や知識を利用した描写がある。デビュー作ということもあって小説としての技術は稚拙。作品全体のプロットもイマイチ。壁を移動させるという物理トリックで作品を作るにしても,現在の歌野晶牛ならこういう作品にならなかっただろう。そういった意味では貴重な作品である。小説の部分がつまらないので,逆にトリックのインパクトが印象に残る作品になっている。「マリ…」の叙述トリックも稚拙。マリファナ関係の部分は完全に蛇足に感じる。トータルで見て完成度が高い作品とは言えない。★2で。




〇 メモ
 プロローグは,M(マリ…)を愛するがゆえに「あいつ」を殺そうとする人物のモノローグ。
 メイプル・リーフのメンバーが越後湯沢のゲミニー・ハウスに合宿に来る。
 合宿の初日の夜に戸越が行方不明になり,翌日死体として発見される。警察は権上を重要参考人とする。メイプル・リーフのメンバーが東京に帰る。権上はかつて学生運動をしており,爆弾を作った罪で服役したことがあった。権上には犯人となる決め手がなく,いったん釈放される。市之瀬徹は,山脇丈広が車を使えば犯行が可能だったのではないかと推理する。三谷真梨子の日記。真梨子は何かに気付く。それから戸越抜きでメイプル・リーフのラストライブが新宿で行われる。そのラストライブで真梨子が殺害される。 
 警察は,戸越の事件と真梨子の事件を結び付けて考え,メイプル・リーフのメンバーが疑われる。徹は疑いを晴らすため,真梨子の死体の第1発見者である橘美砂子に会う。徹は自分なりの捜査をし,山脇を疑うが一蹴される。
 その後,探偵役の信濃譲二が登場。
【真相】
 犯人は武喜朋。武はマリファナの売人だった。そのことを戸越伸夫に気付かれ,脅されていたので殺害した。プロローグの「マリ…」は真犯人を山脇だと誤信させる叙述トリック
 戸越殺害は,ゲミニー・ハウスが長い家であることを利用したトリック。移動できる壁を利用し,一番奥の戸越の部屋を一つ前の部屋と誤認させ,死体が移動したと思わせた。三谷真梨子は,写真を通じ,部屋が移動していたというトリックに気付いたので殺害。新宿のライブハウスで,同じように壁を移動させるトリックで控室の死体が移動したと思わせることでアリバイを作った。

戸越伸夫
 リードギタリスト
駒村俊二
 ドラム
武喜朋
 リード・ヴォーカルとギター
山脇丈広
 ベース
市之瀬徹
 カメラマン。かつて,冤罪で逮捕されそうになったときに,信濃譲二に助けられたことがある。
三谷真梨子
 キーボード
権上康樹
 ゲミニー・ハウスのオーナー
信濃譲二
 元ドラム。
塩田・北原
 刑事
ゲミニー・ハウス 
 越後湯沢のロッジ
メイプル・リーフ
 戸越と山脇が中心となって結成したロックバンド。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カウンター

ブックメーター
やまだんさんの読書メーター
ブクログ
ブログランキング
このサイトの価格

最新の記事
最近のコメント
カテゴリー