FC2ブログ
HOME   »    »  特等添乗員αの難事件2

特等添乗員αの難事件2

6点。まさにエンターテイメントの教科書と思わせるような安定のデキ。起承転結の起承の部分は,仕事での失敗,壱条との恋・将来に不安を感じるという部分が描かれる。そして転の部分で,事件が起こる。事件を見事な閃き・ラテラル・シンキングで解決し,最後はハッピーエンドという展開。万能鑑定士では少しずつこの様式を崩すような形になっていたが,特等添乗員シリーズはこの様式を徹底している。傑作に出会える可能性は少ないが,ハズレをつかむこともない。今回も閃きで解決するちょっとした知恵や雑学も豊富に紹介されている。安定したデキ
著者 : 松岡圭祐
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日 : 2012-06-22
〇 評価
 サプライズ ★★★☆☆
 熱中度   ★★★☆☆
 インパクト ★★★☆☆
 キャラクター★★★☆☆
 読後感   ★★★★☆
 希少価値  ★☆☆☆☆
 総合評価  ★★★☆☆

 万能鑑定士Qシリーズのスピンオフ,特等添乗員αシリーズの第2段。もはや様式美ともいえるような展開だが,非常に読みやすく良質のエンターテイメントとなっている。絢奈には天性のラテラル・シンキングの才能があるが,その才能を使いこなせていない。それどころか,ラテラル・シンキングを閃き,問題を解決しているときは論理的なごく常識的な判断ができていないという問題が浮き彫りになる。その結果,仕事でありえない失敗をしてしまう。更に,壱条那沖との関係でも問題が発覚。壱条の家庭や親族と絢奈の価値観の違いなどから,絢奈は,結婚などの将来に大きな不安を抱く。起承転結の「起」と「承」で不安をあおり,「転」として,絢奈の姉の乃愛のピンチを救う。更に,与党の国会議員の人探しの依頼を見事なラテラル・シンキングで解決する。絢奈は「なぜ」と「どうして」だけでなく「何のために」と自問することで閃きを発揮するというラテラル・シンキングの手法を身に付け仕事のスランプを脱出。与党国会議員の依頼を解決したことで,壱条の両親の信頼も得るというハッピーエンドに結び付く。意外性があったのは乃愛をピンチに陥れたのが乃愛の同僚の成島だったというところ。偶然居合わせて飛行機の操縦を助けた黄という香港人が成島の夫だったというところの意外性もある。まぁ,伏線などもそれほどのないので,話の意外性だけ。★3程度。読後感はよいが,話の熱中度,インパクトも及第点程度という感じ。キャラクターもすっかりなじんでしまい,新鮮味はない。一定のデキは保障されているがマンネリ。まさに様式美という雰囲気の作品になっている。よって評価も当然★3と平均的なものになる。確実にある程度の面白さはあるけど,それなりの者しか読めないというシリーズものの代表みたいな存在になりつつある。
〇 メモ
 受験生ツアーで浅倉絢奈は相変わらずラテラルシンキングを生かしてトラブルを解決する。しかし,夜中に「足柄ピンポン・クラブ」が活動をしていたという常識を働かせれば分かるウソに気付かず,ロッカー盗難の被害に遭う。絢奈は,ラテラルシンキングを発揮しているときは,通常働くべきごく普通の思考が全停止するという欠点があるという。絢奈は能登から,ラテラル・シンキングを使いこなせるようになるべきだと指導を受ける。そのためには,疑問を文章化し,「なぜ」,「どうして」,「何のために」と置き換えるべきであると言われる。絢奈は日曜日に壱条に家に招待される。しかし,壱条ははっきりと家族・親族に絢奈を紹介しない。壱条家でのトラブルに辛辣に対応し,壱条家を去る。絢奈は仕事と恋と両方に悩む。そんな中,国会議員が香港に向かう飛行機に乗る添乗員を一流の添乗員にするように…という指示を受ける。そこで、絢奈が添乗員として参加することになる。絢奈は添乗員として,絢奈の姉である浅倉乃愛はCAとして,同じ飛行機に乗り込む。国会議員が乗るその飛行機で,機長が痙攣し,発熱状態になるというトラブルが発生する。偶然同乗していた香港の黄というパイロットの力を借り,飛行機は無事着陸する。乃愛は機長に接触した根崎という国会議員を疑う。絢奈は乃愛の同僚の成島朋花が,夫である黄に手柄を立てさせるために企んだものであることを見抜く。香港で,壱条に会う。壱条は国会議員の根崎から呼ばれていた。根崎は壱条と絢奈に,政府与党の会計士だった鳥羽泰誠の捜索を依頼する。絢奈のラテラルシンキングで壱条が持っている手掛かりから鳥羽の居場所を突き止める。鳥羽はマカオにいることが分かる。乃愛も協力することになる。鳥羽の居場所を突き止めるが,鳥羽は闇金に金を借りていた。絢奈はラテラルシンキングを発揮し,カジノで稼いだコインを持ち帰ることで,警察を鳥羽の家まで導く。結果的に,絢奈の機転で鳥羽の身柄を確保することになった。乃愛と絢奈の関係は修復される。絢奈は今回の活躍で壱条の家族から婚姻相手と認められる。最後はピンポンクラブとして窃盗を行った集団が,今度はスーパーを狙う計画を見抜くところで終わる。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カウンター

ブックメーター
やまだんさんの読書メーター
ブクログ
ブログランキング
このサイトの価格

最新の記事
最近のコメント
カテゴリー