FC2ブログ
HOME   »    »  2017年に読んだ本の感想など

2017年に読んだ本の感想など

 2017年に読んだ本は67作品。6月頃から「万能鑑定士Qシリーズ」を読み始め,Qシリーズ12作,推理劇4作,短編集2作,その他2作の20作品に加え,探偵の探偵4作品を読んだので,全体の3分の1以上が松岡圭佑という偏った読書になっている。
 9点は,「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件」だけ。9点を取る作品を読むことはめったにない。これは実は再読。なかなか手に入りにくくなったので実家から持ってきて再読した。麻耶雄嵩作品全般に言えることだが,文体や構成などがとても肌に合う。これはバカミスっぽさも満載なんだけど,読者サービスをしたいという気持ちに溢れるデビュー作。なんだかんだいって,抜群に面白かった。とは言え,再読なので,ベスト作品・ワースト作品のランキングには入れないようにしたい。
 8点は5作品。いずれも傑作といっていいデキ。万能鑑定士シリーズからは,「事件簿」の2作目だけがランクイン。この作品を読んだときのインパクトは抜群だったと思う。8点の作品が,上半期に偏っているのが意外。後半はやや採点が辛めになっていてのかもしれない。
 7点は13作品。「人喰いの時代」、「黒百合」といった作品から万能鑑定士シリーズまでバラエティが豊富。「探偵の探偵3」など,読んだタイミング次第では8点になっていたかも。やや評価がぶれているかもしれない。
 6点は17作品。5点と6点は★でいうと★3。★3とした作品から6点にするか5点にするかを感覚で選ぶ。どれも6点と言えば6点の作品。万能鑑定士シリーズは5点より6点が多い。万能鑑定士シリーズの安定したレベルの高さが分かる。子どもができて,本を読める時間が減っている。読み終わって6点以上を付ける作品を読んでいきたいものだ。
 5点は23作品。★3を6点と5点に振り分けるとき,5点に下ぶれする作品は,やっぱりやや満足度が低い。この23作品を眺めてもそう思う。
 4点以下は7作品。駄作と思える7作品だ。この中からワースト3を選ぶことになるだろう。

 では,ベスト5とワースト3を。

 映えあるベスト1は,「万能鑑定士Qの事件簿2」だろう。なんといっても2017年は松岡圭佑の1年だった。そして,松岡圭佑の1年になったのは,2作目に読んだこの作品が抜群に面白かったからだと思う。「万能鑑定士Qの事件簿1」は,読む前に「万能鑑定士」シリーズに抱いていたイメージどおりの作品だった。しかし,2作目のインパクトはライトノベルのインパクトを越えている。特に,ハイパーインフレ騒動についての描写はインパクトが抜群だった。瀬戸内陸の犯行だという真相にもインパクトがある。2017年の読書を象徴する作品として,1位としたい。
 2位は「一八八八切り裂きジャック」。これは,娘が入院しているときに,付き添いで泊まった病院で読んだ作品。そのシチュエーションも相まって思い出の作品となっている。ミステリとしても,翻訳モノのミステリのような雰囲気がある。ミステリとしての完成度だけでなく,ヴィクトリア朝時代の様子を描いた小説としても,非常に読み応えのある作品だった。病院というじっくり読むことができるシチュエーションで読めたこともプラスに働いたと思う。これも2017年という1年を個人的に象徴する作品として,生涯,忘れられない1冊になると思う。
 3位は「ハルさん」。これも読んだタイミングがよかった。いい作品だとは思うが,娘ができる前に読んでいたら8点は付かなかったと思う。ミステリとしては平凡なデキなのだが,娘の成長していく姿がぽんぽんと描かれ結婚までしてしまうと…。人生のこのタイミングでこの作品を読んだという縁を感じてしまう。
 4位は「万能鑑定士Qの事件簿10」。万能鑑定士シリーズから2作目のランクイン。そして,8点の作品を押さえて7点の作品のこちらをランクインとしたい。理由は,有機的自問自答と無機的検証というシンプルな思考法で,莉子が論理的な考え方を身に着けていく様子が描かれている点。この作品から,ロジカルシンキングに興味を持ち,論理的な考えについてのいくつかの本を読むことつながった。8点にならなかったのは,肝心の小説部分,美容院「レティシア」にまつわる話が,それほど面白いと感じなかった点にある。ロジカルシンキングというものに興味をもつことができたきっかけの作品ということで,これも2017年を象徴する作品だと思う。
 5位は「マツリカ・マジョルカ」。これは学生時代の自分を思わせる作品。社会人になって長い上に,娘までできていしまったので,学生時代は完全に過去の話。しかし,それでも学生次代の自分を思わせる作品はインパクトを感じる。相沢沙呼の作品特有の雰囲気=ほかの学生とは異質な自分に感じる劣等感…が自分の学生次代を思わせる。柴山の姉が自殺していたという全編を通じての謎のインパクトも抜群。読んだ時期が違っていれば,1位になってもおかしくない作品だったと思う。

 続いてワースト3
 ワースト1位は「ダービースタリオン3殺人事件」。ブックオフで100円で購入。こんなのブックオフで買わなければ絶対手に入らないと思って,ネタ的に買った作品。よって,デキが悪いのは覚悟していたけど,予想を超えてひどかった。キャラクター,トリック,文体,雰囲気などいずれも幼稚。せめてバカミスだったら救いがあったのだが,バカミスにすらなっていない。
 ワースト2位は「無人島の首なし死体」。推理クイズの本を多数執筆している藤原宰太郎の長編小説。推理クイズとして使えそうな小さいトリックがいくつか紹介されている。しかし,キャラクターがうすっぺらく,物語の運び方が,先を読みたいと感じさせない。トータルで,小説としてさっぱり面白くない。せめてトリックに意外性があればよかったのだが,ハンググライダーを使ったアリバイトリック,CIがアラビア数字の99というダイイングメッセージ,線条痕をなくすために首なし死体にするという動機,ラジコンを使った物理的な密室のトリックと,ひどいデキ。これはあかん。
 ワースト3位は,「硝子の家―本格推理マガジン」。「ダービースタリオン3殺人事件」と「無人島の首なし死体」に比べるとはるかにマシではある。しかし,収録されている3作品のデキはいずれも古臭い。隠れた名作らしいのだが,隠れっぱなしでよかったと思う。
 
 
9点
6月4日   9点 翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件
8点
1月28日  8点 一八八八切り裂きジャック
2月19日  8点 マツリカ・マジョルカ
5月5日   8点 ハルさん
5月14日  8点 追想五断章
6月25日  8点 万能鑑定士Qの事件簿2
7点
1月21日  7点 人喰いの時代
2月5日   7点 黒百合
2月5日   7点 ブラックスワン
4月2日   7点 頼子のために
4月8日   7点 人生相談は真夜中のバーで
4月16日  7点 強欲な羊
6月3日   7点 殉教カテリナ車輪
7月1日   7点 万能鑑定士Qの事件簿5
7月2日   7点 万能鑑定士Qの事件簿6
9月3日   7点 万能鑑定士Qの事件簿10
10月28日 7点 万能鑑定士Qの推理劇1
11月10日 7点 万能鑑定士Qの推理劇2
11月23日 7点 殺しの双曲線
12月17日 7点 万能鑑定士Qの謎解き
12月27日 7点 探偵の探偵 3
6点
1月2日   6点 名探偵水乃サトルの冒険
2月19日  6点 ブラックミステリーズ 12の黒い謎をめぐる219の質問
2月26日  6点 卯月の雪のレター・レター
4月15日  6点 グランドマンション
5月24日  6点 戦力外捜査官
6月10日  6点 山ん魔の如き嗤うもの
6月11日  6点 キング&クイーン
6月18日  6点 万能鑑定士Qの事件簿1
7月8日   6点 万能鑑定士Qの事件簿7
8月19日  6点 万能鑑定士Qの事件簿9
9月10日  6点 万能鑑定士Qの事件簿11
9月16日  6点 万能鑑定士Qの事件簿12
10月22日 6点 万能鑑定士Qの事件簿1
10月24日 6点 万能鑑定士Qの事件簿2
12月8日  6点 万能鑑定士Qの推理劇3
12月16日 6点 古書店アゼリアの死体
12月26日 6点 探偵の探偵 2
5点
1月1日   5点 どんでん返し
1月3日   5点 あなたの猫、お預かりします
1月19日  5点 千年岳の殺人鬼
1月23日  5点 未来探偵アドのネジれた事件簿
2月5日   5点 新本格もどき
4月16日  5点 花の下にて春死なむ
5月5日   5点 チャット隠れ鬼
6月18日  5点 理由あって冬に出る
6月18日  5点 先生,大事なものが盗まれました
6月18日  5点 垂里冴子のお見合いと推理 Vol.3
6月25日  5点 万能鑑定士Qの事件簿3
7月1日   5点 万能鑑定士Qの事件簿4
7月16日  5点 万能鑑定士Qの事件簿8
9月17日  5点 マジシャン
11月11日 5点 奇術師の密室
11月18日 5点 蜃気楼・13の殺人
12月7日  5点 ヴィラ・マグノリアの殺人
12月9日  5点 万能鑑定士Qの推理劇4
12月10日 5点 万能鑑定士Qの探偵譚
12月21日 5点 論理的思考 最高の教科書
12月25日 5点 探偵の探偵
12月28日 5点 探偵の探偵 4
12月29日 5点 この問題とけますか?
4点
2月13日  4点 軽井沢マジック
3月26日  4点 動物珈琲店ブレーメンの事件簿
3点
11月16日 3点 深夜の逃亡者
12月30日 3点 仕事をシンプルにする「数字力」
2点
3月20日  2点 硝子の家
1点
4月16日  1点 無人島の首なし死体
4月16日  1点 ダービースタリオン3殺人事件
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カウンター

ブックメーター
やまだんさんの読書メーター
ブクログ
ブログランキング
このサイトの価格

最新の記事
最近のコメント
カテゴリー