FC2ブログ
HOME   »    »  探偵の探偵 4

探偵の探偵 4

5点。「探偵の探偵」としてはシリーズ最終作。玲奈が「死神」と呼んでいた探偵の師匠である「姥妙悠児」との対決がメイン。東京拘置所における連続不審死…という本格ミステリ作品のような魅力的な謎が提示される。峰森琴葉がその容疑者となる。玲奈が琴葉を助けるために,調査を行う…という流れ。松岡圭佑らしい「よくできた話」であり最後まで一気に読めた。しかし,物足りなさがあったのも事実。シリーズ3作目までのような緊迫感がなかった。謎は魅力的だったし,姥妙という存在もミステリアス。もう少しラストを盛り上げてほしかった。
〇 評価
 サプライズ ★★★☆☆
 熱中度   ★★★☆☆
 インパクト ★★★☆☆
 キャラクター★★★☆☆
 読後感   ★★☆☆☆
 希少価値  ★☆☆☆☆
 総合評価  ★★★☆☆

 「探偵の探偵」としてはシリーズ最終作。市村凜の師である姥妙悠児と対峙する。
 東京拘置所内に峰森琴葉が侵入し,密室殺人を含む4件の不審死が発生する。まるで,本格ミステリかと思わせる不可思議な謎である。
 この謎の真相は,姥妙の協力者である精神科医である樫山睦紀がそそのかした自殺だったというもの。偽の新聞記事を用意し,東京拘置所から脱出する方法として,自傷行為の方法を伝え,そそのかして自傷行為をさせる。その自傷行為により,死んでいくというもの
 そもそも樫山を姥妙だと思わせる構成になっている。しかし,松岡圭佑らしいというか,こういうサプライズ要素を驚かすために使わない。物語の中でさらっとばらしてしまう。
 全体的にこじんまりとまとまっている。探偵の探偵の3までにあったようなバイオレンスな描写はあまりない。
 ラスボス的存在だった姥妙も,最後はあっさり玲奈に敗れる。
 面白くない訳ではないが,傑作と言えるほどでもない。松岡祐介としては標準程度の作品か。
 琴葉については,樫山の手から逃げ出して,独自に捜査をしていたというオチ。これなら探偵と警察の手で見つかっていたとも思うのだが…。
 トータルでみると評価は★3かな。
 
〇 メモ
 株式会社シーカーは,る盗聴器発見業にともなう恐喝行為を違法行為として行っていた。紗崎玲奈が所属する竹内調査事務所は,この違法行為を追い詰めようとする。しかし,紗崎玲奈の勇み足などがあり,失敗する。玲奈は,今後はデスクワークをするように言われる。
 峰森琴葉は,PIスクールで探偵業を学ぶ。琴葉は須磨康臣から特別授業を学びたいという。
 市川凜に探偵業を教えたのは,姥妙悠児という精神科医兼探偵。姥妙は探偵,弁護士,精神科医を一体とするトリニティ構想という構想を持っていた。現在は所在不明
 18歳の少年(堺加図雄)による通り魔事件が起こる。琴葉は,東京拘置所に忍び込み,少年に会って話を聞きたいと言う。
 後日,堺が拘置所内で殺害される。警察がスマ・リサーチを訪れる。東京拘置所に峰森琴葉が侵入していたという。
 逢坂結翔というリポーターが,警察がスマ・リサーチを訪れたことに目を付ける。
 警察による東京拘置所の実況見分。警備室のコンピューターをいじることができたのは,東京拘置所視察委員会のメンバー7人だった。
 東京拘置所で縞賀隆平が死ぬ。東京拘置所での2件の不審死が,玲奈と関連付けて報道される。玲奈は逢坂に取材されるが,映像記録をひとコマたりとも残させず対応する。
 玲奈は渋谷109のバックヤードで桐嶋と会い,琴葉のこと,姥妙悠児のことを聞く。
 東京拘置所では,入江要人が死ぬ。玲奈はマスコミの影響を受けた警察に追われるが,撒く。竹内調査事務所が用意した隠れ場所で須磨と電話で会話し,姥妙の行方を捜すように説得される。竹内調査事務所の同僚である桑原希帆が警察に玲奈の居場所を通報。警察の目の前に玲奈がいる状態で,東京拘置所で,栗田洋大が死ぬ。玲奈は琴葉が指名手配されるのを防ぐため,警察の捜査に協力するという。警察は,玲奈に,36時間の猶予を与える。
 玲奈は東京拘置所で調査を開始する。逢坂が玲奈を取材。東京拘置所視察委員会の樫山睦紀が,姥妙ではないかと疑い,調査をする。
 玲奈と逢坂は,樫山に尾行を悟られ,妄想性人格障害と思われる何者かに襲われる。撃退し,スマホから情報を盗み出す。
 襲撃者から盗んだ情報をもとに,大塚喜代司という大手出版社に勤める男の妻と接触する。玲奈は大塚の家に忍び込み,東京拘置所内での不審死についての奇妙な新聞記事を見付ける。
 玲奈は遭坂から樫山についての情報を得る。大塚の家で見つけた記事は偽造されたもの。玲奈は,樫山が偽の新聞記事を利用し,堺をそそのかして,自傷行為をさせたと推理する。ほかの死者も,拘置所から出るために,他殺ともとれる自傷行為をそそのかされていた。
 玲奈は樫山の家を訪れる。玲奈は樫山から話を聞く。樫山は琴葉を東京拘置所に忍び込ませたことなどを話す。玲奈は樫山の家を出るが,樫山の家の仕掛けにより録音した音声は失ってしまう。
 玲奈は逢坂に助けられる。しかし,逢坂に妻と子どもがいることを知り,逢坂を眠らせ,事件から遠ざける。
 樫山は姥妙ではなかった。樫山は自殺する。そして,東京拘置所での一連の不審死が自殺だったという遺言を残す。
 本物の姥妙は,樫山の死と一連の事件を利用し,自らのトリニティ構想を生かすための改正法案の原案を通す。玲奈は,樫山の弟子から奪った不正コピーを防止しているティンプルキーをもとに,姥妙の隠れ家を見つけ出す。
 姥妙は隠れ家に向かう。隠れ家には琴葉がいた。琴葉樫山の手から逃げ出していたのだ。隠れ家に玲奈も到着する。
 姥妙と玲奈の対決。玲奈はチタンが電磁波を通さないう性質を利用し,証拠の録音を持ち出そうとする。姥妙玲奈の対決は玲奈の勝利。姥妙は「佐々木」という言葉を残して昏睡状態に。
 エピローグ。玲奈と琴葉は,スマ・リサーチの対探偵課に戻る。玲奈が,探偵の探偵の仕事をしているシーンで終わる。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カウンター

ブックメーター
やまだんさんの読書メーター
ブクログ
ブログランキング
このサイトの価格

最新の記事
最近のコメント
カテゴリー