FC2ブログ
HOME   »    »  探偵の探偵 3

探偵の探偵 3

7点。シリーズ3作目。紗崎玲奈が妹の敵として追っていた悪徳探偵「死神」との対決となる作品。松岡圭佑の作風はサプライズを重視するタイプではない。オチより話の面白さを重視するタイプ。しかし,この作品の「死神」の正体には驚くことができた。話運びの上手さはさすが。「死神」の正体は誰か?という点にぐいぐい引き込まれ,最後まで一気に読むことができた。玲奈がかなりひどい目に遭う。こういう作風が苦手な人もいるだろう。シリーズ1作目から3作目までを1つの作品として見れば,伏線もあり,サプライズも見事な作品に仕上がっている。
〇 評価
 サプライズ ★★★★☆
 熱中度   ★★★★☆
 インパクト ★★★★☆
 キャラクター★★★☆☆
 読後感   ★★☆☆☆
 希少価値  ★☆☆☆☆
 総合評価  ★★★★☆

〇 総合評価
 シリーズ1作目から紗崎玲奈が追っていた「死神」という悪徳探偵と対決する。「死神」の正体が,シリーズ2作目のDV被害者の1人,市川凜だったのは,素直に驚くことができた。DV被害者という立場が完全に隠れ蓑になっていた。澤柳奈々という名前が偽名であったことと,澤柳奈々が女を捨て,男になっていたことから,スマ・リサーチの桐嶋颯太が「死神」ではないかとも思ったくらいである。伏線も結構あからさまで,野放図のリーダーである淀野が殺害しようとして,窪塚警部補が助けたのが市川凜だった。スマ・リサーチの封筒を利用できたという点もポイント。それでも市川凜を疑えなかったのはDV被害者という存在が,完全に心理的な盲点となっていた。サプライズは高い。
 玲奈は相変わらずひどい目に遭う。市川凜との最後の対決シーンでは琴葉に裏切られてしまう。Qシリーズとの差別化を図っているのだろうが,ここまでひどい目に遭うのは,苦手な人もいるだろう。
 シリーズ1作目から3作目までを一つの作品として見れば,熱中度の高くサプライズもある作品と見ることができる。読後感が悪く,インパクトがある作品。欠点はスカッとしないところだろう。あと,市川凜が死神だと見抜いた人にとっては,そこまで評価は上がらないかもしれない。
 個人的には見事に騙されたので,評価は★4としたい。

〇 メモ
 後藤清美という女性が,浅村克彦(=成川彰)という悪徳探偵に騙される。清美はショックを受け,車に引かれて死ぬ。死ぬ前に,紗崎玲奈に相談をしていた。玲奈は,警察を撒き,浅村に報復をする。
 峰森琴葉と桐嶋颯太は,元野放図の宇佐美秋子が「死神」=澤柳奈々の連絡先を知らないか調査をする。
 スマ・リサーチの須磨康臣のもとに,坂東志郎警部が訪れる。警察は浅村の事件で玲奈を疑っている。須磨は,玲奈に澤柳以外の悪徳探偵への行為で前科が付かないように注意する。
 スマ・リサーチには,「澤柳奈々」についての記録がある。澤柳は7回資産を持っている男性と結婚し,男性はいずれも死んでいた。 
 一般社団法人日本調査業協会における会議。須磨は対探偵課の廃止を提案される。しかし,逆に,ほかの調査会社にも対探偵課を設置するように進言する。
 DVシェルター事件の被害者の1人である市村凜が,スマ・リサーチを訪れる。凜は,DV加害者である沼園賢治から追われていた。澤柳がDV被害者の居場所を探しあてており,玲奈の名を利用していた。
 玲奈は琴葉とともに,市村凜が隠れることができる場所を借りる。
 野放図のリーダー格だった淀野が死ぬ。玲奈はおとりとして,自分の名前で不動産を借りる。玲奈のは,正規の探偵社が作った対探偵課にマークされる。
 琴葉のもとに,姉から自殺をほのめかすメールが届く。
 玲奈は沼園に襲われる。竹内探偵事務所のメンバー達に助けられる。
 各探偵社が澤柳についての情報を集め,澤柳の居場所が分かる。しかし,澤柳は悪徳探偵ではなかった。死神が澤柳を名乗り,戸籍まで持っていたのだ。
 琴葉は死神の罠に陥る。彩音はコンクリート詰めにされそうになる。
 玲奈のもとに,死神からメールが届く。玲奈は琴葉と彩音が捉われている場所に行き,死神と対面する。
 死神は,市村凜だった。市村は自分自身がDV被害者だったので,DVシェルターの居場所を知ることができた。
 凜は,玲奈のことを調査していたという。凜は,琴葉に姉と玲奈のどちらを殺すか,非常な選択をさせた。琴葉は,姉を助け,玲奈を殺すことを選んだ。
 玲奈は,自分がコンクリート詰めにされることを予測し,砂糖を混ぜた。0.05パーセントでも砂糖が混在すれば,セメントは硬化しない。
 各社の対探偵課の面々は,玲奈が工場にいなかったと証言する。玲奈は,スマ・リサーチを辞め,竹内探偵事務所に所属することになる。
 市村凜=死神に探偵技術を教えたという「姥妙」という人物の名前が出てくる。
 琴葉は姉に会う。その後,探偵として生きていく決心をする。琴葉と玲奈は荷物を引き渡すために再会する。玲奈と琴葉は,今後は異なる探偵社の対探偵課に所属することになるので,許可なく会えない。玲奈はひとりになる。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カウンター

ブックメーター
やまだんさんの読書メーター
ブクログ
ブログランキング
このサイトの価格

最新の記事
最近のコメント
カテゴリー