HOME   »  MTG  »  破滅の刻 シールド ファーストインプレッション

破滅の刻 シールド ファーストインプレッション

破滅の刻のプレリリースを踏まえた,ファーストインプレッションは以下のとおり
新メカニズム
〇 永遠 →あまり強さを感じず。
 そもそも,「永遠」のキーワード能力を持つカードがそれほど多くないことが原因だと思われるが,プレリリースでは,あまり印象に残らなかった。4/4というサイズは,十分フィニッシャーになれるだけのサイズで,マナフラッドの受けにはなりそうなのだが…。「督励」や「加虐」,コンバットトリックを生かした早いデッキには間に合わず,そうでないデッキには緑のコモンにサイズ負けするなど,そこまでの強さは感じない。消耗戦には強そうなのだが。

〇 加虐 →シールドでは,あまり強さを感じず。
 ブロックしてもライフを失う「加虐」。プレリリースではそこまで脅威と思わなかったが,ドラフトで「督励」,「加虐」,コンバットトリックを駆使した速攻デッキを作ることができれば,かなり強そうな印象はある。とはいえ,「絆魂」持ちを始めとして,ライフゲインができるカードも多いので,過信はしない方がよいか。

〇 砂漠 →環境のカギになるかも
 砂漠をコントロールしているか,墓地にあると起動できるという条件の能力がかなり強い。プレリリースではその気になれば4枚程度は砂漠を入れることができるし,砂漠条件のカードも3,4枚はある感じ。砂漠条件のカードは,砂漠条件を満たさないとちょっと弱く,満たすと平均より強めというイメージ。ドラフトでは,どの程度集めることができるか。駆け引きが重要になりそう。シールドなら砂漠を入れるだけ入れておいて,砂漠条件を有効活用すべきだろう。

〇 プレリで活躍したり,使われて強かったカード
〇 糾弾の天使
 4マナ3/3飛行,警戒は良スペックなのだが,緑の「苦弓の名射手」(5マナ4/4,警戒,到達のコモン)がいるとアタックできない。緑・黒の蜘蛛「オベリスクの蜘蛛」も1/4到達。こちらはアンコモンだけど…。ほかにも3/4のフライヤーもいるなど,3/3飛行・警戒があまり役に立たない環境というイメージ。能力も強いことは間違いないが,督励の方が悠長すぎる。タフネス3はかなり死にやすいし,見た目の印象より弱い。ドラフトで1パック目で見たらピックするが,2パック目なら色変えまではしないという程度
〇 尽きぬ希望のエイヴン
 コモンのフライヤー。5マナ3/3はそこまで強くないが,3点のライフゲインが結構効く。ゲームを決めるほどのカードではないが,相手の飛行と相打ちできればよし。
〇 砂漠の拘留
 平和の心の亜種。この環境はライフゲインが重要。砂漠条件を満たす形で使いたい。
〇 砂漠破
 タフネス5まで除去できる安心感。コモンにこの除去があるのは助かる。
〇 不動の歩哨
 コモンの永遠なので,使われそうなカードだが,全く強い印象がない。そもそも,白いデッキの人が少なかったのかもしれない。4マナ2/3警戒のスペックが低すぎるので,永遠前提のカードだが,6マナ4/4警戒でも弱め。つまり,アドバンテージを取れるところだけが長所。消耗戦には強そうなのだが…。
〇 空からの導き手
 青・緑という戦略を肯定しそうなカード。デカブツに飛行の付けるのは協力。そうでなくても,序盤に2マナ3/1あたりと一緒に飛んで行っても強い。青のコモンのエース
〇 機知の勇者
 使われたカードだが,そこまで強さを感じず。7マナ4/4バニラというのはスペックが低すぎる。弱いカードではないが,ボムというほどではない。
〇 ネフケト最後の言葉
 使われたカード。使われた試合は,ほぼ負けた。4マナでなんでも奪うソーサリーはさすがに強い。土地のアンタップが1回とんでも使う価値はある。構築でもありうるカードでは?
〇 実績ある戦闘員
 1マナ1/1バニラも,6マナ4/4バニラも単体ではデッキに入れない。これは1枚のカードでどちらも使えるという点がメリットだが強さを全く感じなかった。コモンの永遠は,第1印象より確実に弱い。
〇 巧みな軍略
 2マナソーサリー。手札に入れたいカードが2枚来るのは,ご愛敬。
〇 島カワヘビ
 使われたカード。思ったより弱かった。6マナ4/4くらいのサイズのカードが溢れる世界では,7マナ5/5は弱い。戦闘で死ぬことが多いので,呪禁はそれほど強くない。
〇 送還
 1マナで各種トークンを処理できるのは強い。速攻デッキでブロッカーを排除しても強そう。たぶん,この環境のリミテッドのキーになりそうなカード。何手目くらいでとるべきか。
〇 選定の侍臣
 めちゃめちゃよく使われた。プレリでは青を使っていた人が多かったということか。墓地に永遠・不朽を落とす能力も強いし,永遠・不朽したときのドローも強い。人気アンコモンになりそう。
〇 致死の一刺し
 十分使える除去。-1/-1カウンターには,いろいろシナジーもある。
〇 廃墟ネズミ
 接死は地上にデカブツが並ぶこの環境ではめっぽう強い。死亡したときの墓地のカード追放も,永遠や不朽を追放できる。両カード。
〇 スカラベの責め苦
 神話アンコモン。4マナのコストは軽すぎる。構築でもワンチャンあるのでは。
〇 不快の顕現
 デカブツどうしのぶつかり合いになりやすいこの環境で,破壊不能を与える能力は効く。見た目より強い。
〇 削剥
 強い。インスタントの2マナ3点火力は便利だし,アーティファクト破壊もよい。
〇 地揺すりのケンラ
 リミテッドではあまり強くなかった。永遠したときは,全体のサイズが大きいので,案外,ブロックさせないが使えない。
〇 業火の噴流
 6マナ6点火力はプレリリースでは結構ゲームを決めた。ライフを得るカードも多いので,過信はできない。
〇 棘モロク
 先制攻撃のおかげでアタックできる。速攻デッキで思ったより頼もしい。
〇 苦弓の名射手
 5マナ4/4,警戒,到達。コモンでこのスペックがいるのは頼もしい。緑は強い。
〇 怒り狂うカバ
 6マナ5/6でトランプル。コモンかぁ。トランプルが強い。サイクリングはしたくないが選択肢としてあるのはプラス。島カワヘビもこいつがいるので活躍できなさそう。
〇 ロナス最後の抵抗
 爆弾ではないが,そこそこ強い。土地がアンタップできないのは,プレイングでタイミングを調節すればそこまでのデメリットではない。ただし,この環境は地上にデカブツが並ぶので,そこまで活躍できない。タフネスが5ならもっと活躍できただろう。
〇 ロナスの重鎮
 強い。パワー2のクリーチャーが多いので,督励すると止まらない。
〇 選別ワーム
 トランプルが強い。ライフ回復が強い。この環境に合っている。ドラフトでも使えるかどうかは環境次第だが,シールドでは神話アンコモン
〇 強靭な狩り手
 6マナ4/4あたりが多いので,4マナ4/4は強い。見た目より強い。
〇 蝗の神
 赤・青の神。強すぎる。まさにボム。
〇 オベリスクの蜘蛛
 プレリ会場では非常に評判た高かった。構築でもワンチャンあるかもとのこと。リミテッドではほとんどの飛行を止める。地味に強い。






 
 
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カウンター

ブックメーター
やまだんさんの読書メーター
ブクログ
ブログランキング
このサイトの価格

最新の記事
最近のコメント
カテゴリー