HOME   »    »  ダービースタリオン3殺人事件

ダービースタリオン3殺人事件

1点。当時流行っていた「ダービースタリオン3」というゲームのノベライズ作品。ノベライズするに当たって,何を間違ったか,ミステリにしてしまった。「コウカイテイオー」とか「持金牧場」といったダビスタ要素が,ほんのちょっとだけ入っている。ミステリとしては,びっくりするくらい古典的なトリック,プロットの作品。これで長編を書いたのは,すごいと言えばすごい。文章も幼稚。まるで中学生が考えたようなキャラクターが,幼稚な台詞を言いながら,御都合主義の話を進める。褒めるところは皆無。ひどい作品。読む必要はないだろう。


書評・レビュー ブログランキングへ
やまだんさんの読書メーター
〇 概要
 馬運車の中で藁にまみれた祐天寺スタリオンステーションのオーナー祐天寺豪の死体が発見される。刑事の秋山左門と,兄である探偵の右京が捜査を始める。ダービースタリオン3の世界を舞台としたミステリ

〇 総合評価 ★☆☆☆☆
 「ログアウト冒険文庫」から出版されているライトノベル。当時人気だったダービースタリオン3というゲームをノベライズするに当たり,なんと,ミステリにしてしまったというもの。メイントリックが双子の入れ替わりと馬の入れ替えによるアリバイ工作という,ノックスの十戒やヴァン・ダインの20則で禁じられるレベルのちゃちなトリック。小説としてのレベルも最低レベル。探偵役の秋山右京や,警察の秋山左門など,行動や台詞がまさに中学生が考えた話レベルの幼稚さ。リアリティも皆無。コウカイテイオーとか持金牧場とか,取って付けたようにダビスタ3の世界観を交えてくるが,これも浮いている。あまりにひどいと思ったのか,ゲーム中で探偵にもダビスタ3をさせるのだが,さらに作品全体の雰囲気が幼稚になるだけ。ひどい小説だが,こういう小説がこの世に誕生したことを知る意味では読む価値もあるかも。内容が薄っぺらいので,すぐ読み終わるのが救い。

〇 サプライズ ★☆☆☆☆
 双子は,DNAが同じであるということを利用した、双子の入れ替わりのトリックが使われているが,見え見えでほとんど驚けない。双子の馬もいて,馬の方も蹄鉄の入れ替えで,アリバイ工作をするが,これも平凡。浮島香奈が,探偵役の右京と刑事の左門を殺そうとしたところはちょっと驚くが,伏線らしいものもなく,唐突すぎる。

〇 熱中度 ★☆☆☆☆
 トリックもちゃちだが,小説としても文体が鼻に付く上,つまらない。読者の気を引こうとしている気配はあるが,空回りしている。あまり熱中できない。

〇 インパクト ★★★☆☆
 当時人気だったゲームソフト「ダービースタリオン3」の世界を舞台にミステリを出そうという企画そのものにインパクトはある。内容としては,双子の入れ替わりという,ノックスの十戒とか,ヴァン・ダインの20則で禁じられているようなトリックをメインに据えるというひどさ。逆にインパクトがあると言えなくもないが。

〇 読後感 ★★★☆☆
 人間があまりにうすっぺらく,読後感もへったくれもない。桐生忍が騎手になるために,祐天寺豪太になりすますというトンデモストーリーなのだが,無理やりハッピーエンドにしようとしており,めちゃめちゃである。ライトノベルなんだろうけど,中学生が考えたような話だ。良くも悪くもない。

〇 キャラクター ★☆☆☆☆
 探偵役の秋山右京,刑事の秋山左門のセリフは,作り物臭く,失笑を禁じ得ない。ヒロインの浮島香奈はめちゃくちゃだし(桐生忍の祐天寺豪太への入れ替わりを成立させるために,右京と左門を殺そうとするのだが,そいつらを殺しても,ほかの人が気付くやろう。),桐生忍のキャラクター設定もめちゃくちゃ。中学生が考えたレベル。ひどい。

〇 希少価値 ★★★★☆
 再販の可能性はないだろうし,電子書籍になることもなさそう。これは希少価値は高いな。

〇 メモ
〇 トリック
 馬の蹄鉄を入れ替えて,ほかの馬の引き運動をしていたと見せ掛けるアリバイトリック
 双子を利用した死体の入れ替わり(DNA鑑定をしても気付かない。)
〇 探偵役
秋山右京
 刑事の秋山左門の兄。私立探偵。警察にハッキングして情報を得るなどの犯罪行為をしている。
〇 被害者
祐天寺豪
 馬運車の中で死体で発見される。
桐生忍(祐天寺雷太)
 馬に蹴られて死んでいるところが発見される。DNA鑑定で桐生忍と分かるが,実は双子の祐天寺雷太だった。桐生忍は,祐天寺雷太になりすます。
守山聡
 ガードレールを突き破って落下する事故死。ただし,森山は飲酒運転をしており,飲んだ酒には睡眠薬が入っていた。
〇 犯人
祐天寺雷太
 祐天寺豪殺害の犯人。森山聡も殺害する。また,桐生忍を殺害しようとするが,馬に蹴られて死ぬ。
桐生忍
 祐天寺雷太と双子。馬に蹴られて死んだ祐天寺雷太になりすます。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
カウンター

ブックメーター
やまだんさんの読書メーター
ブクログ
ブログランキング
このサイトの価格

最新の記事
最近のコメント
カテゴリー