HOME   »  本
Category | 本

花の下にて春死なむ


5点。ビアバー「香菜里屋」シリーズの第1弾。この短編集を最初に読んだときは,あまり面白いと思わず,シリーズを読み進めなかった。北森鴻のほかの作品を読んでから,「桜宵」などの続きを読み進めた。改めて読んで,シリーズの後の作品に比べ,読みにくいと感じてしまった。情報過多というか,登場人物が整理されておらず,あまり書き分けられていないため,物語の中で誰が何をしているのかが捉えづらい。シリーズの後の方の作品は,シンプルで傑作と思える作品も多いが,この短編集の作品はどれも及第点だけど,傑作とは思わなかった。

書評・レビュー ブログランキングへ
やまだんさんの読書メーター
続きを読む
スポンサーサイト

ダービースタリオン3殺人事件

1点。当時流行っていた「ダービースタリオン3」というゲームのノベライズ作品。ノベライズするに当たって,何を間違ったか,ミステリにしてしまった。「コウカイテイオー」とか「持金牧場」といったダビスタ要素が,ほんのちょっとだけ入っている。ミステリとしては,びっくりするくらい古典的なトリック,プロットの作品。これで長編を書いたのは,すごいと言えばすごい。文章も幼稚。まるで中学生が考えたようなキャラクターが,幼稚な台詞を言いながら,御都合主義の話を進める。褒めるところは皆無。ひどい作品。読む必要はないだろう。


書評・レビュー ブログランキングへ
やまだんさんの読書メーター
続きを読む

無人島の首なし死体


1点。推理クイズの本を多数執筆している藤原宰太郎の長編小説。無人島で首なし死体が発見され,さらに,密室トリックやダイイングメッセージまで登場するなど,本格ミステリ的なコードが満載だが…そのトリックは,まさに推理クイズレベル。小説としても,トリック研究科という訳の分からないライター相手に,警察が捜査情報を漏らすなど,リアリティなどは皆無。登場キャラクターも,あまり魅力的でない。読む価値はそれほどないと思うが,読みやすくはあるので,軽い小説を読みたいというなら,電子書籍版を読んでもよいかもしれない。


書評・レビュー ブログランキングへ
やまだんさんの読書メーター
続きを読む

強欲な羊

7点。米澤穂信の「儚い羊たちの饗宴」に似たテイストの作品。いわゆる「イヤミス」であり,読後感は悪い。「ストックホルムの羊」は,ある作家の長編にシチュエーションが似ている。オリジナリティという点では,やや評価を下げるが,小説としては十分に面白い。「イヤミス」が嫌いな人は避けた方が無難。好きな人はぜひ読んでほしい。収録されている作品の中での白眉は「背徳の羊」。この作品に登場する女性の描かれ方は…さすが女性作家と思わせる,リアルな怖さがある。こういう作品は大好き。期待せずに読んだが,思わぬ掘り出しモノだった。

書評・レビュー ブログランキングへ
やまだんさんの読書メーター
続きを読む

グランドマンション

6点。「グランドマンション1番館」というマンションの住人が,次から次への様々な事件に巻き込まれる。騒音問題,年金不正受給問題,振込詐欺など…現在の社会を取り巻くさまざまな事件をテーマにした短編が描かれる。最後には,ちょっとした「どんでん返し」が用意されている。収録されているのは折原一らしい文体,雰囲気の作品ばかり。ちょっと品のない描写もあり,嫌悪感を抱く人もいると思う。個々の作品は折原一らしい作品ばかりだし,全体を通じたネタも,「驚愕」というほどではなく,小粒なものだが,折原が好きなら楽しめるデキだろう。


書評・レビュー ブログランキングへ
やまだんさんの読書メーター
続きを読む
カウンター

ブックメーター
やまだんさんの読書メーター
ブクログ
ブログランキング
このサイトの価格

最新の記事
最近のコメント
カテゴリー